スポンサード リンク

副鼻腔炎の家庭内治療の一覧

 

副鼻腔炎 家庭内治療記事一覧

鼻うがいとは?鼻うがい(鼻洗浄)とは、生理食塩水や洗浄剤を使用して、鼻の中(鼻腔内)を洗い流す事です。正しい方法で行わないと水が耳のほうへ流れ、中耳炎になる場合もあります。鼻うがいを行う場合は十分に注意し、正しい方法で行いましょう。鼻うがいの効果は?ウイルスやアレルゲン物質(花粉やほこりなど)を洗い流したり、かんでも出てこないしつこい鼻水まで洗い流せます。「鼻かみ」や「吸引」でも近い効果があります...

副鼻腔炎の症状である【頭痛・頭重感・頬や鼻根部の痛み・鼻水鼻詰まり】の緩和に効果のあるツボを紹介します。一人でも安全に行える指圧です。

普段の食生活も病気に大きく影響します「免疫が下がると病気になる」病気全般に言える事です。副鼻腔炎とは、副鼻腔内に炎症を起こし様々な症状を引き起こす病気です。多くが風邪やアレルギーの鼻炎症状から生じるため、それらの予防が副鼻腔炎の予防につながります。すべての病気に当てはまりますが、「免疫」を高めることが大事です。免疫を高める方法は様々ありますが、その一つの「食事」は免疫力を高める上で欠かせません。普...

吸入器(ネブライザー)を使う家庭内治療耳鼻科や病院には「ネブライザー」という機械があります。右の写真のように鼻にくっつけて薬液を含んだ蒸気を鼻から吸い込み、口から出すという呼吸を3〜5分程行います。鼻が詰まっていてはあまり効果がないため、はじめに鼻腔内を洗浄して、炎症を一時的にひかせるお薬を散布してからおこなわれます。薬液が炎症部分まで届くので高い改善効果があり、治療が終わった後は今までの鼻詰まり...

家庭治療法の一つに「ガーゼ治療法」があります。鼻腔内の炎症を鎮めたり、鼻閉を改善でき鼻の通りが良くなるので、副鼻腔炎の改善に期待できます。薬液を含ませたガーゼを鼻腔内に入れ、鼻腔内の患部に直接薬を作用させるので高い効果が望めます。ガーゼ療法のメリット炎症部位に薬液を直接あてることができるので、点鼻薬のように鼻水で薬が流されてしまうという事がなく、薬を最も効果的に作用させる事ができる療法です。安全で...

なた豆に含まれる「アミノ酸」が副鼻腔炎の原因に働くなた豆に含まれているアミノ酸の一種「カナバニン」には、炎症を鎮めて排膿を促す作用、「コンカナバリンA」にはアレルギーの症状を緩和する作用が認められており、副鼻腔炎の改善にとても適しているそうです。そのなた豆の成分を簡単に摂取する方法としておすすめなのが「なた豆茶」です。アレルギーと副鼻腔炎とは関係ないと思われるかもしれませんが、副鼻腔炎は風邪やアレ...

東洋医学では蓄膿症(慢性副鼻腔炎)になりやすい体質として、血行が悪く血液がドロドロ、冷え性、水分代謝が悪い方、また免疫力が弱く、虚弱体質の方が挙げられます。漢方が副鼻腔炎治療に良いとされる理由抗生剤を使用しないので、体内の善玉細菌に影響を与えない花粉症などアレルギー性鼻炎にも効果が期待できる薬による眠気やだるさ、口の乾きなどの副作用がなく、服用時間を厳守する必要がない

蓄膿症にはドクダミが効く家の周りの日陰に咲いているドクダミには高い排膿効果があり、昔から蓄膿症の民間薬とされてきました。事実、ドクダミは「センブリ」「ゲンノショウコ」と並び【日本三大民間薬】と呼ばれる万能な薬草なんです。開花期のドクダミが一番効く白い花を咲かせる時期(日本では7月半ばぐらい)のドクダミの薬用効果が高く、この時期の葉を乾燥させたものは十薬と呼ばれ、生薬として扱われています。ドクダミの...

蓄膿症も免疫力の低下から副鼻腔炎の多くは風邪やアレルギーによる「鼻炎」から生じます。風邪は免疫が弱まる事で、アレルギーは免疫の過剰に反応することで起こります。蓄膿症はもともと風邪をひきやすい方や、アレルギーで鼻炎になりやすい方が多いのです。免疫力は心身の疲れで低下しますが、普段の食習慣や生活習慣も深く影響します。特に気を付けるべきは食事です。現代は加工食品を24時間いつでも食べれる環境もあり、意識...