副鼻腔炎治療に使用される薬

 
処方箋と市販薬の違いは?
 

市販薬

処方箋

名称 一般用医薬品/大衆薬 医療用医薬品
目的 軽症状の場合の初期治療薬。使っても効果がなければ受診しましょう。 個人の症状に合わせた治療薬。狙った症状に作用するため早い治癒が期待できる。
入手方法 ドラッグストアや通販などで誰でも購入可能。 医者の診断による「処方せん」がないと購入不可。
成分 1つの薬に様々な成分が含まれています。総合感冒薬が有名 1つの薬に1つの成分
効果 有効成分が少ないため効き目は弱い。 一つの症状に絞って生成されているので効き目が強い
副作用 効き目が弱いため、副作用も少ないとされている。 効き目が強いため、副作用が現れることもある。
特徴 病気の初期であれば有効とされますが、進行しら状態では期待できません。 炎症があれば「抗炎症剤」、熱があれば「解熱剤」のように症状事に処方されます。


処方薬は自分で判断せず、専門医の指導のもと服用しましょう。

 

副鼻腔炎(蓄膿症)の市販薬

 

副鼻腔炎(蓄膿症)の処方箋

 

 

薬を使用しないで副鼻腔炎を改善?

なた豆の効果や特集ページへ

 

副鼻腔炎 薬記事一覧

抗菌薬オラペネム・クラリス・クラリシッド・クラビット・セフゾン・タリビットジスロマック・バクシダール・バナン・ファロム・フロモックス・メイアクトマクロライド系抗菌薬エリスロマイシン・エリスロシンDS・クラリシッド・クラリス・ルリッドロキシスロマイシン粘液調整薬/去痰剤チスタニン・ムコソルバン・ムコダイン消炎酵素薬アクディーム・エンピナース・ノイチーム・レフトーゼ抗菌薬急性副鼻腔炎の起炎菌の多くを占...

チクナイン「小林製薬」辛夷・枇杷葉・升麻・麦門冬・石膏・百合・山梔子・黄ごん・知母、以上9つの生薬からなる辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)の働きで炎症を抑え、排膿を促進させます。錠剤も顆粒も1日2回まで服用できます。2才から15才未満のお子さんが服用する場合は顆粒タイプを選びましょう。【楽天】 チクナインのページへ【Amazon】 チクナインのページへナザールスプレー鼻詰まりの緩和効果が期待できま...

一般的に、副鼻腔炎(蓄膿症)や気管支炎などの呼吸器疾患に対する抗菌薬以外の治療薬として、副鼻腔炎の適応症がある薬剤は大きく3つに分かれます。気道粘液溶解薬薬類薬剤名システイン系薬メチルシステインエチルシステインゼオチン・ペクタイト・チスタニンタンパク質分解酵素プロナーゼセラペプターゼエンピナース・ダーゼン多糖体分解酵素リゾチームノイチーム・レフトーゼ・アクディーム気道粘液修復薬薬類薬剤名カルボシス...