スポンサード リンク

副鼻腔炎 子供と妊婦記事一覧

子供の副鼻腔炎の症状鼻水鼻詰り湿性咳嗽いびき情緒不安定(イライラ)微熱子どもは自分の症状をうまく伝えることができません。頭が痛くても言葉で伝えれず、不機嫌な態度で示します。その様子を見て気付いてあげましょう。早く気付いてあげる事が慢性化(蓄膿症)の予防につながります。風邪やアレルギー鼻炎の後は要注意!「子供の風邪がなかなか治らない」「うちの子はよく風邪をひく」「熱もなく元気なのに、鼻風邪だけ続いて...

妊婦さんは副鼻腔炎(蓄膿症)になりやすい?妊婦さんは赤ちゃんに栄養を与え続けている為、抵抗力(免疫力)が不安定になります。免役が低下することで風邪をひき、鼻炎が悪化することで副鼻腔炎に至るケースが多いそうです。また、以前蓄膿症だった女性は妊娠すると、再発する事も多いそうです。副鼻腔炎になると治りづらく、妊婦さんの場合特に時間がかかるので、風邪やアレルギーに対して普段以上に気をつけましょう。と言って...

赤ちゃんの副鼻腔炎の特徴乳児(新生児)の副鼻腔はまだ形成されておらず、副鼻腔炎が発症するのは生後6ヶ月からと言われています。多くは風邪から発症し、特に赤ちゃんは鼻腔から副鼻腔の距離が短く広いことから、急性副鼻腔炎になりやすいそうです。赤ちゃんの副鼻腔炎を疑う症状黄色、緑色の鼻水口呼吸(鼻で呼吸が困難な為)後鼻漏(鼻水が喉のほうへ流れる症状)湿性咳嗽(痰が絡んだような咳)微熱気をつけるのは生後3ヶ月...