スポンサード リンク

歯性上顎洞炎とは?

 

むし歯から副鼻腔炎

歯が原因で発症する副鼻腔炎です

「歯性上顎洞炎」はむし歯や歯茎の病気が原因で発症する副鼻腔炎です。

 

4つの副鼻腔の中で上顎洞にのみ発生します。

 

歯から生じる上顎洞炎なので「歯性上顎洞炎」と呼ばれます。上顎洞炎全体の1割の方が該当するそうです。

 

歯性上顎洞炎の症状と原因

 
歯性上顎洞炎の症状

上の歯が痛みだし、痛みがある側の鼻から膿性の臭いを伴う鼻水が出てきて、頬部まで痛みが広がるのが一般的な歯性上顎洞炎の症状です。

歯性上顎洞炎

  • 歯痛
  • 頬部の腫れと痛み
  • 鼻漏(黄色い膿性の鼻水)
  • 鼻閉(鼻づまり)
  • 鼻の異臭
  • 頭痛

 

歯性上顎洞炎の原因は

歯性上顎洞炎は上奥歯のむし歯から生じます。奥歯の根っこは上顎洞と隣接しているため、むし歯の根っこから上顎洞に菌が侵入するためです。

 

むし歯が無くても歯槽膿漏が進行すると、上顎洞下底の骨を溶かして原因菌が侵入したり、抜歯時に歯の根が上顎洞内に落ちて残り、病変した根が上顎洞に炎症を起こす場合もあります。

 

歯性上顎洞炎 治療方法

 

歯性上顎洞炎の治療法は

耳鼻科と歯科で治療が必要です

歯性上顎洞炎は原因である歯の治療をしなければ根治しません。症状から鼻の病気と判断して、鼻の治療を続けていても再発します。

 

一般的な副鼻腔炎であれば耳鼻科だけの治療で済みますが、歯性上顎洞炎の場合は耳鼻科と歯科の2箇所で治療しなければなりません。

 

歯科では原因となった歯の治療をおこないます。耳鼻科では上顎洞の膿の吸引と洗浄をし、抗菌薬を投与。ネブライザーで薬液吸入をおこなう治療を続けます。原因歯の治療が終われば、副鼻腔炎の症状も日毎に改善していきます。

 

歯性上顎洞炎の原因になる歯は、一大臼歯(きゅうし)が最も多く、次いで第二小臼歯、第二大臼歯の順です。これらの歯が痛み出したら(他の歯もちろんですが)、放っておかないで早めに治療しましょう。

 

現代の歯性上顎洞炎

 
スポンサード リンク

歯性上顎洞炎関連ページ

急性副鼻腔炎
こちらでは「急性副鼻腔炎」の症状や原因、また特徴や治療法も紹介しています。蓄膿症の原因となる疾患のため、早く治すことが大事です。
慢性副鼻腔炎
こちらでは慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の原因や症状を掲載しています。蓄膿症の改善法も紹介しています。
副鼻腔真菌症
副鼻腔炎といっても種類があります。こちらのページでは副鼻腔真菌症の症状や治療法を説明しています。
好酸球性副鼻腔炎
こちらのページでは「好酸球性副鼻腔炎」の特徴や症状、原因などをまとめています。難治性副鼻腔炎とも呼ばれます。
航空性副鼻腔炎
こちらのページでは航空性副鼻腔炎(気圧性副鼻腔炎)について説明しています。主として飛行機などで気圧の変化で発症します。航空性副鼻腔炎にならないコツやなってしまった時の対処法も紹介してます。
アレルギー性副鼻腔炎
こちらではアレルギーによって生じる「アレルギー性副鼻腔炎」の特徴や、対策方法を掲載しています。